2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ルセット@中華風胡瓜の浅漬け | トップページ | このブログを見てパン作りをされる方へ① »

2006.05.20

手打ち蕎麦

本日、昼食、夕食、共にお蕎麦。夕食はこれからだけれど、手打ちの生蕎麦があるので、それを湯がいて、きびなごと野菜の天ぷらと一緒に、“天ざる”にして食べる予定。

2006520_1 このお蕎麦、実はFROの父の作品。

別に私の父は蕎麦職人なわけではない。趣味で、休日には、時々こうやって蕎麦を打つ。自分のお友達を家に呼んで食べてもらったり、家族が揃って蕎麦を食べたり、そんな父の蕎麦の会が実家では時々行われている。

そして今日は、家族がお昼ご飯に集まった。残念ながらCURRYは仕事で参加できなかったが、久し振りに家族が揃った。

少々太いのや細いのが入り混じっているのも、素人手打ちの良いところ。「今日のは細すぎるね。」「もうちょっとそばつゆが甘い方が良い。」「ちょっと粉っぽいんじゃない?」と、それぞれ、口々に辛口コメント。父もそれに怒らず、「そうか~、じゃ今度はもう少し甘めにそばつゆをつくろうか?」と、真面目に家族からのアドバイス?を聞いている。

私がパンを作り出して感じたことだが、家族からの意見というのは、とても大切。毎日、焼く毎に「今日は美味しい。」とか「今日はイマイチ。」とほんの僅かな味の差を感じてくれ、正直に話してくれる。たいていの場合、家族以外の人だと、「美味しかったよ。」と言ってくれるのだが、こちらとしては正直な意見なのかな?と不安になる。その点、家族は厳しく、作り手としては非常に貴重な意見だ。

パン作りを始めた頃、毎日毎日繰り返し同じパンを焼き続け、自分で「できた!」と思うまで練習していた。家族は「またこのパン?」と文句を言いつつも、食べてくれたし、「今日のは駄目!」とか「もうちょっとフワッとしたのが良い。」とか言ってくれ、随分助けられた。最近は、さすがに文句を言われることはなくなったが、CURRYのお菓子と私のパンの貴重な片付け場所になっている。

そんな家族のお蕎麦の会に今日、参加できなかったCURRYのために、父は私の持ち帰り用も用意してくれていた。

今晩はありがたく“天ざる”頂きます。

.

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

« ルセット@中華風胡瓜の浅漬け | トップページ | このブログを見てパン作りをされる方へ① »

」カテゴリの記事

コメント

うーん、手打ちの天ざる。私には年に一度帰省したときにのみ食べられる超贅沢品だよ~。数年前に手打ち蕎麦食べたさに、合羽橋で蕎麦道具一式買って帰っちゃおうかな、と思ったけど「あなたね、お菓子にフォーカスした方が良いんじゃないの?」という母の言葉で思いとどまりました。FROちゃんのお父さんにアメリカ出張してもらおうかな。
そう言えば、家はおじいちゃまがやはり趣味でお蕎麦を打ったので、小さい頃は毎週日曜のお昼はお蕎麦だったのを思い出した。おじいちゃまは皆にはお蕎麦を出して、自分は大好きな蕎麦がきを作って食べていた。懐かしい。

そうそう、この間ラルド食べたよ~。大好きなDOCのピザを出してくれるお店に行ったら、あったの!美味しかったよォ。あの店に行く楽しみが増えたわ。

手打ち蕎麦、いいね~。
パンもそうだけど、手でこねるものって、難しそう。
(パン、蕎麦、あとはうどん?)

やっぱり毎日作り続けていても、何か違うってことあるよね。
私もそうかも。確かに、母の意見は確かに辛口ですが(それ以上にうちは弟が超辛口・・・たまに家にいると怖いです)
ありがたいなぁ~といつも参考にしています。

そう言えば、初めてパンに挑戦したのが、小学生の時 学研と科学(こんな字だったっけ?)の付録のパン作りセット。
発酵の意味が分からず、適当に?作ったら、まったく膨らまず、ぺたんこのクッキーみたいな正体不明の物体が出来上がりました。それでも母は美味しいよと言って、食べてくれたのは今でも覚えているわ。
私は一口食べて、美味しくなくてそれ以上は食べれなかったけどね(苦笑)家族の愛あってこそ、美味しいものが作れるわけだ!

sayokoさん
どこのお宅にも「蕎麦名人」がいるもんだね。sayokoさんもおじい様に蕎麦作り、教わっていれば、今頃菓子屋じゃなく、アメリカで蕎麦屋してた???
でも、合羽橋で蕎麦打ちの道具を買って帰るなら、乾麺を買って帰ったほうが・・・。
父がアメリカ旅行する際には、sayokoさんトコロに寄ってもらうわ!!

ラルド、あったのね!よかった!
アルコール好きにはたまらんでしょう??

angelique tomokoちゃん
実はウチの父、うどんもするの。しかも香川から、讃岐うどんの粉を取り寄せて。。。最近はもっぱら蕎麦だけどね~。うどんもコシが強くてなかなか◎なのよ。(身内びいきかな?)

私から見ていると、お菓子のほうが繊細でよほど難しそう。生地作って、焼いて、さらにクリーム塗ったり、ムースと合体させたり、デコレーションして、手を加えるでしょ?パンは焼いたらおしまい!だもんね~。
うちは一番うるさい(協力的?)のは母かな。でも、「ウチ好み」に偏りすぎてしまわないように気を付けなきゃって、思っています。

学研と科学!懐かしいね。パンのキットもあったんだ。毬藻とか育てたわ~。私たちも子供が出来たら、不味くても「美味しいよ。」と言って、食べてあげなきゃいけないのね~~。私にできるかな??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手打ち蕎麦:

« ルセット@中華風胡瓜の浅漬け | トップページ | このブログを見てパン作りをされる方へ① »