2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

お知らせ

先日、お伝えしていました我が家のbabyちゃん、

P1030918

無事、生まれました。

9月20日(水) 2338gの小さな女の子です。

陣痛が長くて、朝4時に病院に入り、その後夕方6時過ぎに出産。分娩室に入ってからは、30分で生まれました。前日、夜から陣痛が始まり、眠れないまま病院に駆け込んだこともあり、長い長い1日でした。

病室で「2人で頑張ろうね。」と、CURRYと握手。分娩室まで立ち合ってくれました。CURRYはいつからか涙を流していたようです。赤ちゃんが出てきてすぐ、私のお腹の上に助産師さんが赤ちゃんを連れてきてくれ、その瞬間、名前が決まりました。赤ちゃんの姿を見た瞬間、CURRYに「名前は?」と聞かれ、“ああ、この名前だ!”と思った名前が、候補の中にあったのです。ステキな名前をCURRYが考えてくれていました。

P1030940

25日に退院し、今は実家で乳牛のような日々。

でも、よく眠ってくれます。夜中は1度起きて、母乳を飲ませれば良いだけなのです。1度飲むと、4時間ほどは寝てくれます。親孝行な子です☆

チビちゃんで生まれたのに、沢山飲んで、よく眠ってくれるので、ガリガリだった体も日に日にポチャッとしてきています。CURRYはメロメロ。ジジもババもデレデレ。すっかり我が家のアイドルになりました。そして産んだ本人、FROは“母の自覚”があるのか、ないのか???

沢山の方々に心配して頂いて、ありがとうございました。

これからは育児日記もお伝えしていきますので、どうぞ宜しくお願いします。(ペコリ)

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

2006.09.17

ルセット@クランブル・オ・ポム

P1030719 林檎だけでなく、林檎+洋ナシ、林檎+ベリー類、林檎+さつまいもでも美味しいです。クッキー生地さえ作ってしまえば、後は焼くだけ!バニラアイスやホイップした生クリームを添えてどうぞ。。。

《クッキー生地・材料》 作りやすい量

無塩バター  90g

薄力粉  125g

グラニュ糖  80g

塩   ひとつまみ

.

《作り方》

1) バターは小さく切り、ボウルに入れ、室温に置いておく。

2) バターが柔らかくなったら、ふるった薄力粉・グラニュ糖・塩をバターのボウルに加える。手で合わせていき、指でそぼろ状にする。

.

《一人分・作り方》

3) 林檎1/2個を種を取り、5mm~1cmの角切りにする。レーズン小さじ2程度・ラム酒少々・シナモン少々と合わせる。

4) ココットに無塩バターをぬり、3)を平らに並べる。

5) クッキー生地を林檎が隠れるようにかぶせる。

6) 160℃のオーブンで30~40分、クッキーが色付くまで焼く。

*残ったクッキー生地は、ビニール袋に入れて、冷凍庫で保存可能。

*さつまいもを加える場合、1cm角に切り、茹でておく。

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

2006.09.15

ぼちぼち出て来ました

おとなりさんからの戴き物。

P1030653

もう出始めたのですね。林檎

多分、品種は“サン津軽”。そのままでも美味しそうだったけれど、私の大好きな冬のデザートに。。。

P1030715

P1030751

この地味なデザート、イギリスの家庭でよく作られるものだそう。角切り林檎にシナモンをまぶし、レーズンと合わせてココットに入れ、クランブル(そぼろ状のクッキー生地)をのっけて、オーブンで焼く(だけ!!)。

クランブル・オ・ポム(またはアップル・クランブル)。

焼きたてアツアツをいただく。本当はバニラアイスをのっけて、とろ~んととろけた所を食べたかったけれど、残念ながら、バニラアイスを買って帰るのを忘れてしまった☆ 紅玉とか、酸味の強い林檎で作ると美味しいこのデザート、簡単で、林檎大好きなFROは冬になると、一人でコッソリ食べる。ふふふ♪

少し涼しくなって、あったかいデザートも恋しくなってきました。

ルセット、後日UPします☆

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

2006.09.06

お子様メニュー・その2

昨日のお話した通り、やはり夕食は(手抜きで?!)ミートソースグラタンでした。

P1030637_1

P1030635

何が入っているかというと…、下から、玉葱・ジャガイモ・ミートソース・バジルペースト・茄子・トマト・ピザ用チーズ。野菜をフライパンでソテーして、順番にグラタン皿に並べていき、食べる直前にオーブンで焼くだけ。

以前、お友達が遊びに来てくれたときに「今日はグラタンだよ!」と言って、このグラタンを出すと、「マカロニはどこ?」と聞かれてしまった☆ 確かにグラタンとはいえ、ホワイトソースのマカロニグラタンではないです。。。

その際、グラタンとは???と、グラタンの定義についての話になったのですが、「ナニ」がグラタンなのか?FROは、“お皿に載せた具材にチーズを乗っけて、オーブンで焼いたもの”という認識だったかも?その時のお友達には、“マカロニの入った、ホワイトソース味のもの”がグラタンだったようです。

少し調べてみると、「主にベシャメルソースやチーズなどと具(魚介類、肉、野菜、マカロニなど)を絡めて、耐熱皿に盛り、器ごとオーブンで焼いた料理。フランスの郷土料理。」とのこと。二人とも、認識は間違っていなかったようですね。

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

2006.09.05

お子様メニュー?

先日、もうすぐ出産、というお話をしたところなのですが、お友達の子供が家に来てくれる時によく作る、いわゆる“お子様メニュー”があります。

定番ですが…

P1030626

スパゲティー・ミートソース

私の作るミートソース、カレー同様、野菜たっぷり。冷蔵庫掃除にピッタリのメニューなのですが、昨晩は、誰かが遊びに来てくれたのではなく、久し振りに食べたくなって、作りました。“ボロネーズ”ではなく、“ミートソース”という味なんです。ミートソースの上にはちょこっとバジルペーストをのっけました。これがまた、一味加わって、美味しい♪

ミートソースは、たっぷり作って、残りはグラタンやオムレツになります。このミートソース+スライスチーズで作るオムレツは、CURRYの大好物☆ お弁当のおかずに、この一品だけでも大満足してくれます(お弁当箱に、ドーンとオムレツが一個、大きく入っているだけなんですけどね~。)。

そんなわけで、昨晩は↑を食べ、今晩は、ミートソースグラタンの予定です。

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

2006.09.02

もうすぐなのです☆

9月になり、少々過ごしやすくなってきました。この場で写真は出せるけれど、音をお伝えできないのが残念!最近は毎晩、鈴虫の鳴き声が聞こえるのです。

そして、9月になり、もう一つ、私の身に起ころうとしていること…

P1030606

出産です。

お知らせしている方もいるのですが、ここで改めて…。数日前、36週(10ヶ月)に入り、生まれるまで秒読みになりました。

妊娠が分かったのが今年1月。立ち仕事・肉体労働のパン屋さんではやはり働けず、泣く泣く(ホント!?)仕事を辞めて、専業主婦になりました。4月から始めたブログも早5ヶ月。たくさんの方々のお陰で楽しく続けられて、穏やかで幸せな妊婦生活を送っています♪

臨月に入り、ブログの更新もペースダウンしてしまっています。ボチボチ、マイペースでやっていきますので、時々、覗いてくださいね m(__)m 体調は至って健康!赤ちゃんも元気です。たくさんの方に、ご心配頂いて、幸せです。ありがとうございます。生まれたら、またご報告できると思います。

ちなみに↑の絵は、お友達の子供が3歳か4歳のとき、描いてくれた私の似顔絵です。こんな顔のbabyちゃんが生まれるのかな?!

生まれるまで、時々は更新したいと思っていますので、どうぞ宜しくお願いします!!

Photo_2  Photo_3  ←ランキング参加中♪

よろしければクリックしてください。コレを励みに頑張ります!

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »