2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シュトーレン 2009 | トップページ | タルト・タタン »

2009.11.29

こんなの、あんなの、

色々試してみよう、と思わなくても、やっぱり気になって、色々買ってしまいます。
特に、「美味しい」と聞くと…。

P1090241

今年はこれまでに3つ、シュトーレンを買いました。

一つはLa boutique de Joel Robuchonの。
それと、芦屋のBACKEREI BIO BROTの。
もうひとつは西宮のBOULANGERIE Monsieur Hの。

ロブションのシュトーレンはこの方に教えていただきました。
立派な箱に入ったお嬢様のようなシュトーレンでした。即、スライスして家族で味見。あっという間になくなりました。教えていただいたとおり、ソフトクッキーのような食感で、私のイメージするシュトーレンって、こんな食感かも?
白く飾られた粉糖が、プードルデコールだったのがちょっと残念。(普通の粉糖の方が絶対美味しい!)
真ん中のマジパンがもしかしてノワゼットの?など言いながらCURRYと美味しくいただきました。

P1090194

こちらは BIO BROT のシュトーレン。
大・中・小と大きさが選べました。これは中サイズ。大はこの倍。周囲のお砂糖が粉糖では無く、ざらめ糖のような感じ。粉糖の方が食感がいいなぁと思いましたが、BIOにこだわる店なので、BIOの粉糖ってないのかも?と思いました。型に入れて焼いてあるようで、形がきれい。全粒粉を使っているようで、少々クセあり。

P1090263

Monsieur H のシュトーレン。2年ほど前、テレビで紹介され、当時は行列で買えなかったそうです。味は、ちょっと物足りないような気もします。フルーツが少ないなぁ。

ほかにも食べてみたいところが何箇所かあります。
何年か作り続けたシュトーレン、最近、やっと、自分の中で納得いくものが出来上がり、「私の中のシュトーレン」が見えてきました。

他にも極めたいクリスマスのイースト菓子がいくつか…クグロフ・ベラベッカなどなど…。ああ、忙しっっ。

もうすぐ12月です。

« シュトーレン 2009 | トップページ | タルト・タタン »

」カテゴリの記事

patisserie boulangerie@kobe/hanshin」カテゴリの記事

コメント

この季節ならではのお菓子って、たくさんあるよねー。

シュトーレン、楽しみにしています♪

何度もこのページに来てその都度※を残せず
遅くなってしまいました。リンクありがとうございます。

ロブションの召し上がったのですね!
FROさんのイメージに近いということで、意外でし
た。
日本で売ってるシュトーレンはパンタイプが多いので、
すっかりそっちが正統で、ロブションのようなのは
ちょっとリッチにしてあるのね。むふ。なんて思って
ましたよ(笑)。
あのお砂糖、プードルデコールって言うんですね。
清涼感がありますよね?
私も友達もアレが美味しいと思ったので、これは
好みかな(^^
ラッピングも素敵ですよね。

私が食べた天然酵母のシュトーレンもざらめのような
大粒の砂糖がまぶしてありました。細かい方が
絶対美味しいよなぁと思った記憶がありますが、そうか、
BIOにはないのかもですね。

シュトーレンほど、お店によって味が違うものも
珍しいですよね。今年はまだ食べていないのですが、
そろそろどのお店も出てるはず。楽しみです♪

@angelique tomokoちゃん
ホント、ここぞとばかりにこの時期のお菓子がたくさんあるよね。
最近、色々日本に入ってきているし…。
シュトーレン、焼き始めました!
美味しいのがお届けできるように頑張ります!

@マイキーさん
ロブションのシュトーレン、リッチですよね~。
以前、私がフランス人シェフから教わったものもリッチで、ロブションのものよりパン生地っぽい感じでしたが、近いものがありました。
私はドイツのシュトーレンは知らないのですが、アルザスなどで作られるのは、↑タイプでは?と思います。
生地がやわらかクッキーな感じが、私のイメージのシュトーレンっぽかったです。

プードルデコール、そうそう!清涼感ありますね。そっか~、マイキーさんはお好みでしたか。失礼しました。私には甘みが人工的な感じがして(これもそれぞれの感覚ですね)、私はなるべくナチュラルに…と、普通の粉糖を使っています。でも、2日くらいすると水分、吸っちゃうんですよね~。で、ロブションのように「白いまま」に、ならない><

東京の色んなシュトーレンのお話、今年も聞かせてくださ~い!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュトーレン 2009 | トップページ | タルト・タタン »