2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ぶつぶつと… | トップページ | 1an »

2010.03.31

ファー・ブルトン

パートブリゼの空焼きしたものが残っていた。
さて、どうしよう? オカズ系のタルトにするか、オヤツ系のタルトにするか? どちらにしても手の込んだことはしたくない。フランでも焼こうかな? あ!プルーンがある。

と、出来上がったのがこちら。

P1100447

焼きたてのあっつあつも美味しそうだったなぁ。

本来はアパレイユを、ブリゼに流すのではなく、ココットなどに直に流し、焼く。
フランス北西部ブルターニュ地方の素朴なお菓子。

P1100469_3

今月はキッシュをよく焼いた。繰り返し焼いたので、当然、パートブリゼも頻繁に仕込んだ。立て続けに仕込むと、面倒臭さが和らぐ?のは気のせいかな?

まだ冷凍庫にタルト型5枚分のブリゼが眠っている。さてさて、何に使おうか?

*************************

私のブリゼの配合は

小麦粉(薄力粉+強力粉、半々。もしくはフランスパン専用粉) 100g
無塩バター 80g
冷水 40g
塩 2g

バターを冷たいまま、カードやスケッパーで細かく刻み、その上に小麦粉をふるい、粉をまぶしながらさらに細かくしていく。砂状になれば、塩を溶かした冷水を合わせ、大体合わさったら練らずに、生地を2等分しては重ねる、と言う作業を繰り返し、まとめていく。
まとまったら、四角くラップにくるんで冷蔵庫(急いでいたら冷凍庫で)で休ませる。

さらに生地を麺棒で伸ばし、3つ折りする。生地を90度回転させ、さらに伸ばして3つ折り。もう一度、同じ作業を繰り返し、ラップにくるんで、冷凍中。

空焼きは180℃15分ほど。

*************************

P1100462

粉に対して8割がバターと言うのは、リッチな配合かと思うけれど、これが美味しくて、止められない。お菓子のことはよく分からないけど、クロワッサンだと折込バターは通常5割程度。もちろんもっと多く折り込む事はできるし、美味しく、リッチになる。

「この冬こそ、クロワッサン、焼くぞ!」と、買っておいた低水分バター1キロ。結局、ブリゼに消えてしまった(←言い訳っっ)

« ぶつぶつと… | トップページ | 1an »

」カテゴリの記事

ルセット@お菓子」カテゴリの記事

コメント

こういう、1個1個別々に作らなきゃいけないものは
作れません。
ああ、FROさんがご近所だったら!
ブリゼってスコーンのようにして作るのですね。
この、練らないってのがすっごく苦手です。
どうも捏ねたくなるし、捏ねてないつもりでも
やっちゃってるし・・・泣。
8割がバター・・・怖い、怖すぎる食べ物です。
そしてそれってば絶対美味しいわ~。

@マイキーさん
そっかぁ。練らないって難しいんですね。
「捏ねる(練る)」という行為には練りパイ生地やスコーンには意味がないので、粉っ気さえなくなればOKなんです。
捏ねちゃうと粘り(グルテン)が出ちゃうから。
・・・って分かっていても出来ないから難しいんですよね
粉が見えなくなったら、即、止めてみてください!ふふふ。

そう、8割バターです。一台に付き…って計算すると食べられなくなっちゃいます~><

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶつぶつと… | トップページ | 1an »