2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 車の運転、練習中 | トップページ | TAIYAKI »

2011.10.20

PERMIS DE CONDUIRE

珍しくこまめに更新中。記事がどんどん下がっちゃいますが、新米の注文受付中です。
CURRYの両親が心をこめて作っている美味しいコシヒカリです。
興味のある方はこちらをご覧ください。

先月末に車の免許証の書き換えに行きました。
日本の車の免許証をそのままフランスで書き換えられるのですが、その申請期間は入国してから1年。ノンビリしていてはその期間が過ぎてしまうので、やっと行ってきました。

免許証の書き換え申し込みは県庁へ行きます。他の手続きは何かと厄介なのですが、免許証の書き換えはそれほど厄介ではない、と色々な人から聞いていたので、お気楽~に行ってみました。(それでも当然30分以上待たされます)

すると、「この書類じゃないわよ。」と窓口のオバサンに言われました。

免許証の翻訳が日本領事館のものではダメだと言うのです。

「エクスアンプロヴァンスにある高等裁判所が認めた法定翻訳家の翻訳で無いとダメ!」
(法定翻訳家の中でも“エクスの”と言うところを強調。)つまり、ブッシュドローヌ県内で認められた法定翻訳家で無いとダメってことね?!

でも日本大使館のHPには、さも、大使館(もしくは領事館)の翻訳で有効、のような書き方がされており、結局、県庁の窓口でゴネてみても書類を受け取ってもらえず、納得いかない私の気持ち…。
イライラしながらもココは領事館に訴えてみよう!とマルセイユにある日本領事館に電話してみました。

係の人と話してみると、マルセイユでこんな事は初めて、とのこと。県庁も日本人の対応には慣れているはず、と。
とにかく領事館から県庁の責任者に連絡して話してみます。(私の方でも、)もし時間に余裕があれば再度チャレンジしてみてください。窓口の担当者が代われば受領される可能性もありますから、とのこと。

このころ、上手く事が進まない事が多くて、気分がめいっていた。その上、「簡単だよ。」と言われていた免許の書き換えまでつまづくなんて~crying
そう、このころです。

ま、それほど急いではいないので、とりあえず領事館の返事を待ちつつ、法定翻訳家をネットで検索して、値段の問い合わせなどをしてみた。

たまたま顔見知りの人の名前を翻訳家のリストの中から見つけたので、お願いするなら彼女に頼もう、と値段も聞いてみた。
その前に聞いてみた他の翻訳家は100ユーロ!!!目から何かが飛び出そうだった。
でも彼女に聞くと30ユーロ。ホッとした~。
よし、これで万が一の準備も万端!と思っていたら、領事館から連絡があり、県庁の責任者の人と話したところ、県庁の言い分は、「窓口のオバサン(オバサンとは言いませんが)の対応は間違っていない」との事。
198何年から法律で定められている必要書類は、フランスの高等裁判所が認めた法定翻訳家の翻訳である、と…。
領事館の人も、法律で領事館翻訳で良いとは記されていないので、それ以上は何も言えない、今の人が責任者の間はもしかすると領事館の翻訳は、法定翻訳として認められないかもしれないですねー。との話だった。
そして、私が領事館にしてもらった翻訳料は、公金なので、返金することはできないんです…申し訳ありません←ホント、こんな感じ。
ま、領事館相手に翻訳料返せー!とゴネても仕方のない事。今回は色々頑張っていただけたので、翻訳料は諦めることにした。

このころ、何かと県庁に出向かなくてはならなかったので、この数日後、ついでがあったので、領事館翻訳のまま、しつこくまた免許証の書き換え窓口に行ってみた。

その時間、昼休みの数分前。

私の順が回ってきたので、あ~よかった受け付けてもらえる!(締切時間になると、いくら待っていても窓口を閉められる)と、窓口へ行くと、不機嫌なマダムが…「何時だと思ってるの?もうおしまいよ!閉めるわよ!」って…アナタ、今、私の番号を呼んだのはアナタでしょ?
「もう閉めるわよ!閉めるの!」と言いつつ、不機嫌そうに私の書類を見て、急いで判を押して、ババババッと仕事を終わらせる。
その横で、CURRYに向かって「ムッシュー、今日は終わりだ!その扉から入るな!!」と怒鳴るオジサン。私にも「何時だと思ってるんだ?もう閉めるぞ!」と怒り。。。

でも訳が分からないまま受領された私の書類。
バンザーイ!!とにかく窓口は通ったぞ!余分な法定翻訳は必要なくなったぞ!!わーーい!

その受領証を眺めていたら、「あ!私、サインしてない!日付も書いてない!」と後で気付く。
CURRYは大丈夫なんじゃない?窓口に行く必要ないよ、て言うけど、、、気になる。
とりあえずすぐに引き返して窓口の怒ってるマダムに「サインしてないんだけど…」と言ってみるが、「今日は終わりよ!終わり!」と冷たくあしらわれ、、、私の申請書にはサインが無いまま…どうなるんやろ??

結局、後味の悪いままの帰宅となった。
この書類がちゃんと処理されなかったら、どうなるんやろ?もう日本の免許証も一緒に提出して、手元に無いし、あるのは領事館の翻訳のコピーとサインの無い受領証だけ。あぁあ~。

その後2週間。
受領証が免許証の代わりとなるので、それもサインが無いままで有効なんだろうか?と不安を抱えつつ、車を運転していました。

今朝、ポストをのぞくと、私が県庁に提出した返信用の封筒が、我が家のポストに!!
ああ、書類不備の連絡かな?なんて思って封を開くと、なんと、なんと、早くも免許証が届いたではありませんか!!!
CURRYの場合は、書類を提出してから半年、音沙汰がなかったので、県庁に見に行ったんです。そうしたら「あ、あなたの免許証?もちろんできてるわよ~。」なんて言って、受け取ったんです。なので、私もその覚悟でいたのですが、ええ~?!郵送してくれるの?ってビックリ。しかも郵便事故の多いマルセイユで、普通郵便で届くなんて…かなり怖い。
無事届いて、良かったー。

Img_2281

あとは(運転手の)腕の問題のみですね。

« 車の運転、練習中 | トップページ | TAIYAKI »

日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま、大変だったねcrying
フランスってなんでそうなんだろう…。どうにかならないものかなぁ…。

私は滞在許可証の申請をする自信がなくてsad6ケ月VISAにしたんだった。

EROちゃんの場合、家族で滞在してるから、たくさん申請書類もあるだろうし。
気の強いオバチャンに負けず、頑張ってsign01

恐るべしマルセイユ県庁・・・
確かにトゥーロン県庁のほうがましな気がしてきました(^^ゞ

でも免許証ゲットおめでとう~~(^^)

よかった~!!その後どうなったかなって気になってました!!
こういう最終的なものが届くと、なんか勝ち誇ったような、乾杯したいような
なんなら御祝いで今日外食しちゃう?みたいな気分にならない?
うちはいつもそうだ(笑)県庁出た後、とりあえず祝杯!みたな(笑)
出費がかさむ県庁な上にさらに出費よ(笑)
書類関係はいつも苦戦するけど、とりあえずおめでとう!!

バンザ~イ!!!
なんだか訳が分からないけど、とにかく良かった!
免許取得おめでとう!
もし、将来私がフランスで生活するようになったらどうしよう!?
って、ちょっと思っちゃった…。

よかったね~。
いつもの信じられない適当さ。
私も滞在許可証更新しなくちゃいけないんだけど、どうか適当な人に当たりますように!!!と祈ってる次第。

@angelique tomokoちゃん
最近、やっとお役所の用事が終わったよ。入国して9カ月掛かった~。
でもまた来月には滞在許可証の更新手続きなんだよね~。
こうやって時間があっという間に過ぎちゃう。
なるべく気分が上下しちゃわないように、って思うんだけど、振り回されるよね…。

@pidooさん
ホントー?
マルセイユはやっぱり特殊なのかなぁ。。。
やっぱりイエールに引っ越しかな?

@mamiちゃん
いつも愚痴聞き、ありがとう。
ホント、カンパーイbeerってやりたくなるよね。
ようやく私も上向きになってきたのに、なぜかくたびれているこの頃。。。すっきりしないのはなぜかなぁ。。。

@sakuraちゃん
本当に訳が分からないでしょ?
フランスってそういう国なの。日本人のイメージする、いわゆる“おフランス”って、一体どこの事だろう?ってつくづく思うよ。
どうしてこの国が先進国?って感じることも多々。。。
税金でお給料もらってんだから、もうちょっとまじめに仕事してほしいよね。県庁職員。

@ゆーさん
私も来月、滞在許可証の更新なの。
窓口の担当者で対応が全く変わっちゃうから、良い人に当たる事を祈る!だよね。
お互いにガンバロー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車の運転、練習中 | トップページ | TAIYAKI »