2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Joyeux Anniversaire! PAPA! | トップページ | 手術の日 »

2012.07.28

Hôpital St. Joseph à Marseille

私が入院していたHôpital St. Josephはいくつかあるマルセイユの公立病院でも、きれいだと私が思っていた病院。場所も便利。ここで手術、と聞いて、なんとなく他の病院でなくて良かった、と思っていた。


病棟がいくつかあって、工事をしている新しい病棟はとてもきれい。残念ながら、そこは産科らしく、私はそんなに新しい部屋ではなかったけれど。。。
入院前、「病院はどこ?」と聞かれて、「St. Joseph」と答えると、みんな、「ああ、あそこは良い病院よー。」と言ってくれたので安心だった。

入院の日、14時に病院に来るように言われていたので、少し早目に準備をした(ここが日本人)。CURRYは仕事に行っていたので、子供たちをCURRYの職場であるパティスリーに(仕事が終わるまで2時間ほど)預けて、カフェスペースの隅っこで、塗り絵などをして大人しくしているように言い聞かせ、私は病院に向かった。


病院に着いたのは13時半ごろ。早く着いちゃったなーと思っていたけれど、どこに行くのか分からないので病院内をうろうろしながら、看護師の詰め所に行って声を掛けると、案の定、「アナタ、早すぎるわよー。」と。。。
考えてみたら、昼休みが2時までなのかも。


しばらく横で座って待って、受付が開くのを待つ。
少ししたらこのフロアの医師だと言う人が声を掛けてくれて、面談。手術執刀医や退院予定日を確認して、また待つ。その後、事務的な手続きをする人と面談。テレビの有無、健康保険の有無などを確認して、また待つ。
結局、部屋に入ったのは、15時回っていた。


その日は元気だし、特にすることも無いので、ゴローンとして本を読んでいた。


夕方にCURRYが子供たちと来て、ロビーでお菓子を食べる。
小さい子は病室には入れない。携帯は使えるので、CURRYが病院に着いたら呼び出してもらって、私がロビーに降りる。
子供たちが病室に入れない、と言う事は手術の日は子供たちは病院に来ても仕方ないのだ。会えないので、友達に見ておいてもらう事にする。


この日から私が家にいないので、POMMEが「今日、お母さんと寝たかった。」と言いだした。POMMEはそう言いつつもイマイチ良く分かっていない。私が手術をして数日家に帰って来ないと分かっているTOMATEはそこから泣き始めた。
前の週に弟家族が来て、日本に帰ってしまった寂しさが残ったままだったので、余計に寂しくなったみたい。
TOMATEには可愛そうな日程になってしまった。
帰る時も、CURRYに抱かれて、大泣きしたままTOMATEは帰って行った。帰りにお父さんに本を買ってもらったら良いよ、と言って頼んだけれど、本を買って、家に帰ってもしばらく泣いていたらしい。

夕食後にシャワー。
この日と翌朝は消毒用の液体石鹸で体を洗うように言われている。フランスにしては丁寧に、こんな説明書まで用意されている。

Img_4468_3

洗う順番や耳の裏を良く洗うとか、タオルは2枚使って上下に分けて拭く、とか、細かい事が記されている。
女性は自宅で脱毛クリームで脱毛しておく、とか、男性は手術の朝髭をそる、とか、そんなことも。


この通りに洗う人がいるとは思えないんだけど、くそまじめに訳して目だけは通しておいた。


この日は洗髪もするように、と言われたので、髪も洗う。
手術の朝は体だけ、と指示された。


シャワーの後、テレビを見てゴロンとしていると、「ハーブティはいる?」と看護師さんに言われ、頂いてみた。毎晩、これは持ってきてくれるみたい。
そして寝る前に飲んでね、と睡眠薬らしきお薬をもらう。


この日は睡眠薬のお陰でぐっすり。いっそ入院中、ずっと出してもらったら良かった。

« Joyeux Anniversaire! PAPA! | トップページ | 手術の日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Joyeux Anniversaire! PAPA! | トップページ | 手術の日 »