2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 5 légumes et fruits par jour | トップページ | rentrée scolaire »

2012.07.31

退院まで

入院中、眠れたのは手術の日とその翌日くらい。


入院中は、術後、体力がガクッと落ちていたし、ずっと微熱が続いていたのでしんどかったのですが、枕が低かったり、ベッドが寝づらかったり、隣の人が気になったり(それはお互いさまなんでしょうけれど)、、、とにかく夜が来ると、「どうやって寝よう…。」と考えて、ゴロゴロ、ゴロゴロして時間を過ごしていました。

夜9時過ぎから電気を消して、寝る準備をし、眠り始めるのですが、「寝れないなー、寝れないなー。」と思って、やっと眠りに落ちた気がしたころに、「採血に来たわよー。」と看護師さんが入ってきます。
明け方4時半ごろです。


やっと寝れたのに…と思って、またゴロゴロ、ゴロゴロ。やっと眠りに落ちた、と感じた頃に、今度は「検温に来たわよー。」 朝6時。


もーーーっっ!と思って、また寝ようとしたら、7時になって、「おはよ~!!朝食よ~!」と、ブラインドを開けられ、部屋を明るくされてしまう。


寝不足のまま、ボーーっとして朝食。


これが後半、辛かった。


早朝4時半に採血に来るのは、きっと夜勤の看護師さんの最後の仕事だから、交代前に来るのだと思われる。
それなら検温もその時にしてくれたらいいのに、きっとそれは早朝勤務の看護師さんの仕事なのだろう。


夜中もお隣さんが、トイレに行く。その度、点滴ごと移動するので、スタンドをゴロゴロ押しながら私の横を移動していく。その度に目が覚める。


夜中がこんな調子なので、午前中は眠たい。寝ていると、お医者さんが様子を見に来て起こされたり、看護師さんが薬を持ってきたり、、、結局、ゆっくり熟睡できない。
なのに夜は寝れない。


早く家に帰りたいと辛くなってきた頃に退院の日を迎えた。


退院の日は子供たちが病室に来られないので、友達にカフェテリアで子供たちと待っていてもらい、CURRYには病室まで来てもらった。
荷物はそれほどなかったけれど、どこで清算するのか、いつ出て良いのか、そういうシステムが分からないから、一人では不安だった。


最後に手術をしてくれたドクターが様子を見に来て、今後の治療のことなどを話して帰って行った。薬の処方箋は看護師さんの詰め所に聞きに行くともらえた。
次の採血の処方箋、薬の処方箋、それに加えてキネの処方箋もくれた。


キネとは、運動療法士によるマッサージやリハビリで、術後の筋肉の働きを元に戻したり、癒着を防いだりするマッサージ療法。なのだと思う。
私はこれまで行ったことはない。
キネは今回の場合、術後15日以降に行くよう指示されていて、来週から通う事になっている。少し楽しみ。


フランスで手術を受けるとこういう処置も受けられるのは、とても良いと思う。


退院後、しばらくはほぼ寝たきりだった。お昼寝は必須だし、少し調子に乗ると夜に手術を受けた部分がひどく痛んだ時もあった。
退院して10日ほど経つけれど、今になって、やっと体力が回復してきた気がする。子供たちとスーパーに行ったり、近所の散歩くらいは出られるようになった。
でも調子に乗ると、傷が痛んだりするので、やっぱり家でのんびりしている事が多い。


手術の4週間後の検診の日までノンビリ過ごすように、とドクターに言われたので、きっとそのくらいまでは、回復に時間が掛かるってことなんだろうね。









« 5 légumes et fruits par jour | トップページ | rentrée scolaire »

日記」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。ごぶさたしすぎですみません!!
FROさん大変でしたね。大丈夫ですか?
フランスで治療となると不安も並ではなかったでしょう!?
今回ででもまた家族の絆もふかまったでしょうね!?
あんまり無理せずゆっくり静養してくださいね!!!

@よーよーちゃん
久し振りすぎるよーーーー。
元気?
さぁ、いつこっちに来てくれるのかしら~?
また近況、教えてね。

家族の絆かぁ~。
父子の絆は深まったんだろうけど、私は一人だった感じ~。でもま、一人で家を出られたこと自体、CURRYの努力があってのことなんだけどね。
この夏のバカンスは体力の回復で終わっちゃいそうだよー。

元気ですよー!
今年の夏休み2人でフランスいこー!!ってもりあがってたのに、旦那さんの方が休み3日しかとれず…あえなく断念でした…。断腸の思いでしたよほんと。。。
子供もほしいなぁと思いながら、今もあいかわらず働いている状況です笑
私は1人だったって…笑
なにをいってるんですかそんなワケないでしょう笑そう思うのもよくわかりますけど(。-_-。)
これを機にマイペースにゆっくり回復してください!!


@よーよーちゃん
そうだったのね。残念!
まだまだこっちに居ることになりそうだから、またの機会にお待ちしてま~す!!


ふふふ。そうだよね~。分かってるんだけど、親が近くに居ないって言うのはこういう事か、って実感したよ。親も来るって言ってくれたんだけど、大した手術ではないって言われてたし、CURRYも休めるから、来るなら楽しめる時に来て欲しいと思って断っちゃった。smile

FROちゃん、びっくりしたよ~。
私は今実家なので、こちらに長くお邪魔していなくて、
ごめんなさい。
その後、体調はいかが?
私、FROちゃんは元気にしているもんだと思い込んで
いたから、本当に驚きました。
ブログを読み進むにつれ、涙が出てきてしまって…。
いろんな心配事があって、さぞ不安だったことでしょう。
無事に手術が終わって、本当に良かったです。
絶対に無理したらあかんよ。
緊急事態には、家族は一致団結せなあかんもんね!
くれぐれもお大事にね。

@sakuraちゃん
ご心配お掛けしました。
手術から3週間、随分元気になってきたよ。
今日は傷に貼っていたテープも取れたし。
思いもよらぬ手術でしたが、帰国せず、こっちで済ませて良かったと今は思ってるよ。
ありがとう!

私も入院て出産のときしかしたことないんだけど、
そんな感じでずっと寝不足だったわー。
おかげで入院中はむくみで顔パンパン。
個室がいいって意味がちょっと分かった。

フランスの医療事情は診察や検査が分かれてて
一か所で済む日本の事情からすると不便だなーって
思うけど、術後や産後のケアはしっかりしてるんだよね。
産後は産褥運動とか、子宮底運動とかしっかり指導して
絞めてくれるしね。日本は放ったらかしだもんね。
私が入院した病院は産後に避妊の指導があったけど、
珍しいと思うわ。

@マイキーさん
避妊指導なんてあったの?へぇ~~。
産んだ後のエステやごちそうは別に良いんだけど、産褥運動とか指導してほしいよね。


今も手術後のマッサージに週2回、通ってるよ。
キネの先生(ドクターではないんだけど)に気になる事をその都度聞けるし、傷も見てもらえるから安心。
幸い私の傷はとてもきれいで、しなやか、だそう。


不便なことはあるけど、こういう面は良かったなって思うわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5 légumes et fruits par jour | トップページ | rentrée scolaire »